読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

匙を投げる

(薬の調合のための匙を投げ出す意)医師が治療の方法がないと診断する。また、物事に救済や改善の見込みがないと断念する。「広辞苑第六版より」

雑誌をカッターで切り抜いて「どうしていけないんですか」という女性は本当に存在するのか問題

記事

勝手に問題にしちゃったよ。
http://d.hatena.ne.jp/lovelovedog/20061215/jijitu

図書館の本、傷だらけ…「切り抜き」「線引き」横行っていう記事から。

越後さんには忘れられない“事件”がある。3年ほど前、館内で若い女性が最新号のファッション雑誌からヘアスタイルの写真をカッターで切り抜いていた。驚いて注意すると、女性は悪びれる様子もなく「どうしていけないんですか」と言い放ったという。

について、id:lovelovedogさんのとこで、もしかして袋とじだったってオチじゃねーの?っていう感じのエントリがあったけどもっていう話。

まぁ袋とじなら「どうしていけないんですか」はわからないでもない。職員に断ってからということはあるけども、図書館の蔵書としては、全てのページが見れないのはおかしいという理屈(≒屁理屈)はあると思う。
でも「ヘアスタイルの写真をカッターで切り抜いていた」って書いてるもんなぁ。袋とじを開くことを「切り抜いて」とは言わないだろう。

仮に、実際は袋とじを開いていたという事実だったとすれば、取材に答えた資料係の越後信子係長あるいはこれを書いた読売新聞の記者が、事実を恣意的に捻じ曲げたことになる。
越後信子係長は、「数年前に、図書館の本なのに袋とじを勝手に開けられちゃってねぇ」なんて話題を出したが、それだとあまり面白くないので、記者が「カッターで切り抜いていた」と作文した。という想像が出てきたのだけど、あくまでも勝手な想像ですのでひとつよろしく。(誰に?何に?)

○「どうしていけないんですか」という女性は本当に存在するよ派
   ├これだからゆとりは派
   └すべての女はそうだ派


○「どうしていけないんですか」という女性は本当は存在しないよ派
   ├実は袋とじだった派
   │ ├袋とじを開けて何が悪い派
   │ │ ├開けておかない図書館が悪い派
   │ │ └図書館に断ればOKだよ派
   │ └袋とじは開けちゃ駄目だよ派
   │   ├資料として発表当時のまま残さないと駄目だよ派
   │   └公共財に手を加えるのは許されない派
   ├記者の作文だよ派
   │ └記事にならなかったもんだから仕方なく派
   ├越後信子係長の誇張だよ派
   │ └ちょっと言い過ぎちゃったよ派
   └女性はそういうことはしないよ派
     └田嶋陽子