読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

匙を投げる

(薬の調合のための匙を投げ出す意)医師が治療の方法がないと診断する。また、物事に救済や改善の見込みがないと断念する。「広辞苑第六版より」

<海自機密データ>「極秘」暗号書類などネット上に流出

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060223-00000027-mai-soci

 関係者によると、情報は、ファイル交換ソフト「Winnyウィニー)」のネットワークに今月中旬に流出した。ファイルの内容などから、護衛艦「あさゆき」の関係者のパソコンが「暴露ウイルス」に感染したことが原因とみられる。
 注目されるのは「暗号関係」というフォルダ。この中には、暗号の解読機とみられる「符号変更装置」の操作手順の詳細な記述があった。また、「極秘」と記された、非常用暗号書や乱数表などの書類の名称と整理番号をまとめた「暗号書表一覧表」があった。数字を羅列した「側方観測換字表」や、自衛艦のコールサインをまとめた表は「秘」となっていた。
 一方、「ドリルパッケージ」というフォルダ内には「監視経過概要」のタイトルで、「本艦の258度、38マイルに探知(監視ラインの外1600yds)」「情報収集A法発動」「目標との距離を1000ヤードつめる」など、何らかの船舶を追跡したとみられる記録がある。訓練かどうかは不明だが、専門家は海自の作戦能力を知られる危険性を指摘する。
 「電話番号一覧」という名のファイルには、090で始まる電話、ファクスなどの「船舶電話番号」や、「衛星電話番号」などのデータが並び、「昨年3月現在」と上部に表記されていた。大量の電話番号が出たことで、より大切な情報にアクセスされる恐れもある。
 隊員名簿は、昨年4月現在の護衛艦「あさゆき」の約40人分の隊員リストとみられる。本籍地や住所地、家族構成のほか最終学歴や宗教の項目もある。このほか、「あさゆき」関係の文書として、「非常呼集連絡網」「艦内作業予定」「個人配置表」「勤務表」など多岐にわたるデータが収容されている。

ここには書かれてないけど、日本近海の海図も漏れたようで、なんだかやばいんじゃないのってことになってるよ。にちゃんをちょろっと回ったらすぐ手に入ったし。やばくねーかこれ?
つーか機密文書の入ってるPCでwinnyやんなよ。バカじゃないの?

追記

流出した海自情報はフロッピーディスク約290枚分に相当する膨大なもの。

なんでわざわざフロッピー換算するのかね。1.44MB*290で大体420MBくらいか。「CD1枚近い」ぐらいでいいんでねーの?実際は1.3MBがいいとこだから400MB弱ってとこか。まぁほとんどが文書データだとしたらすごい量だけどな。