匙を投げる

(薬の調合のための匙を投げ出す意)医師が治療の方法がないと診断する。また、物事に救済や改善の見込みがないと断念する。「広辞苑第六版より」

内祝い

お祝いで貰った商品券が、ありがたいのだけど困ったことに特定のデパートでしか使えないので、そこでお祝い返しを買おうということで、先日買ったベビーカー(id:sajiwo:20051105:p1)を早速使った。

ベビーカーは、前輪だけがクルクル回るタイプだったので、子どもと向かい合う形態の時は後輪が回る状態で、方向転換が容易でなかった。良くある台車のような感じだ。はっきり言って使い辛い。対面で使うのも暫くの間だけだから我慢するか。

お祝いへのお返しはどんなお祝いでも半額程度という頭があったのだけど、一応調べたら、まぁ3分の1から2分の1っていうのが一般的なようなので、それに倣うことにした。ちなみに、お祝い返しのことを内祝いと呼ぶというようなことを知った。正確には違うみたいなんだけど、慣例としてお返しは内祝いの一種のような感じだった。
まぁタオル類ならあっても困らないだろということで、お祝いの2分の1程度のタオルを選んで箱に詰めてもらった。
店員に、のし紙の「内祝 (子どもの名前)」を書いてもらったのだけど、すごい上手かった。当たり前だけども、ちょっと高めのランク*1のデパートはこういうことがちゃんとしてるんだなぁと思った。今回は筆ペンで書いてたけど、カウンターの中に硯と筆が見えて、アレで書くこともあるのかしらとか思った。すげぇな。

*1:ランクが高いかどうかはわかんないけど、地元のデパートの中では商品価格が高いテナントが多い。お客は少ないけど。