読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

匙を投げる

(薬の調合のための匙を投げ出す意)医師が治療の方法がないと診断する。また、物事に救済や改善の見込みがないと断念する。「広辞苑第六版より」

蒼穹のファフナー第9話

続いて第9話。


で、前話で狙っていた、倒せば敵を引き付けられるとか言ってた敵を撃破。
攻めてくると思ったら引き返す敵集団。なんだか合体して、でっかくなっちゃった!(マギー)


まぁ調子の悪くなった機械っつーのは殴ったり蹴ったりすると直ったりするよね。溝口さん。
で、溝口のおっさんはウィスキーとか入ってるボトル(何て言うの?)で水飲んでた。紛らわしい。


海に潜る甲洋が救助を待つ二人を見つけるが、後ろに敵の影。
救助艇に載せ無事救助するも敵に取り付かれるマークフィアー。先生は離脱を始める。悪役。

つーか、合体してでっかくなったやつは、一騎も確認してたんだから、地上でちゃんと足止めしておけよ。

あと救助艇は自力で動けないのか。船なのに。


時間どおりにフェンリルが起動しなくて焦る先生。溝口はなかなかやるね。上の命令を聞かないってのは、軍隊?としてどうなのかと思うけど。まぁ軍っつーか組織として全然まとまってないけど。


同化されると、記憶が無くなるとか感情が無くなるとかするらしい。甲洋廃人化。
合体した敵に水中で捕まっている甲洋。姉御が潜ってマインブレードみたいなので刺したらあっけなくはがれた。翔子の時は全然効かなかったのに。そして敵も抵抗なし。つーかマークドライも普通に飛べるのな。


甲洋搬送される。
真矢「私、何もできなかった」本当にそのとおりだ。


相変わらず犬の声が酷い。


甲洋の親は甲洋の状態を見て「ハズレが大ハズレだったということだ」


溝口「ぶっちゃけ」って。いい年して。
司令は新国連軍のスパイがいっぱい入ってることは知ってるのね。先生もその一人。


それにしても、司令は陶芸してる場合じゃないし、ファフナーのパイロットたちも、学校行って勉強してる暇があったらファフナーの訓練するべきじゃないのかな。全然役に立ってないんだし。


真矢の姉へ甲洋の見舞いへ行っていいか訪ねる真矢。そこにいた先生は「行けばいいわ。勉強になるはずよ」悪人。真矢の姉は先生に対してゆきっぺなんて言ってるが、そんなかわいらしい名前はどうかと思う。


そして9話はずっと津波情報の画面が右下に出ててちょうウザい。もっとちっちゃくとか透過させるとかたまにテロップで流すとかしろよ。それにそういう情報知りたい人はNHK見てるっつーの。


甲洋の前で愕然とするみんな。悪いのは自分だと口々に言い合うが一番悪いのは先生っつーか新国連軍のスパイだよなぁ。
総士憎まれ役。真矢にビンタされた。犬は下手糞だから黙ってろ。そういやファフナー全部で何台あるんだよ。新国連軍にしぶしぶ渡そうとしてたときも、すぐ他の2台出てくるし。


甲洋の親は新しい子供をくれと言いにくるが、甲洋はまだ死んでないと言われる。ハズレだのなんだの言ってるが、スパイなのに行動がテキトウすぎる。つーかボタン一つで生命維持装置が解除できるのはどうなんだ。せめてパスワードとか入れろよ。

アルベリヒドってなんだっけ。

甲洋の親がスパイだってのはいつから知ってて泳がせてたんだろう。しかも島外退去っていう甘さ。どこ行くんだろう。


甲洋の居た家は空家になったので、溝口が代わりに喫茶店を始めるらしい。
そういや島外退去ってどこに行くの?東京っつーか日本が無いんじゃなかったけ?受け皿あんのかね。ある意味死刑より大変なのかも。


腐女子ハァハァコンビが岸壁で言い合ってる。
一騎「ファフナーと俺たち、お前にとってどっちが大切なんだ」
総士「どんな返事を期待しているんだ」
のあと、波の音に掻き消されて総士の声が聞こえず口パクだけの効果。その口パクじゃ何を言ってるかわかりません。


場面が変わって新キャラ登場。唐突過ぎて何がなんだか。コイツもスパイ?それとも単純に萌え要員追加?ボクは萌えなそうだけど。


新たな島が出てきて、結構進展あるかなと思ってたら、結局島は爆破するし甲洋は廃人になっちゃうし、マークフィアーは破棄するしで、特に何も進まず。
わかったことといえば、新国連軍のスパイが多数潜り込んでいるっていうことだけ。

こんなんでいいのかしら。